足の脂肪吸引

足の脂肪吸引をする人が非常に多くなっています。 太ももの脂肪が気になっていて左右のバランスが悪く悩んでいる人や、太ももと太ももの間に隙間のある足に憧れている人などが行うのですが、脂肪吸引をすると、直後には自分の足が見違えるほど細くなっていることがほとんどですので、とても人気がある美容整形手術と言えるでしょう。

足の脂肪吸引を行う際には1時間から2時間ほどで手術そのものが終了し、その後は傷口にお薬などを塗った後、しばらく休んで帰宅することになります。 吸引をする際には部分麻酔をかけるクリニックと全身麻酔をかけるクリニックがありますが、部分麻酔をかける筋肉の場合には、自分で足の状態を時々確認しながら脂肪吸引をすることができるため、本当に理想的な状態に近づき術後の満足度もその分高いと言えます。

全身麻酔のかかる美容クリニックの場合には医師への信頼が最も重要な部分となりますので、これまでの実績などを参考にしながらクリニック選びをしましょう。 脂肪吸引をした後はしばらく理想的な状態が続きますが、自分の生活スタイルなどを変えていかなければ、下半身に再び脂肪が蓄積されてしまいますので、自己管理を徹底して行っていくようにしましょう。 美脚になるためのストレッチなどを取り入れるのも良い方法です。

脂肪吸引施術は痛いの?

各種美容クリニックでは脂肪吸引施術を行えるようになっています。 この脂肪吸引は足やお腹、その他にも自分の脂肪が気になってる部分の脂肪について、機会を使用して吸引するといった方法になります。 そのため一度の手術を行えば、見た目にも大きく変化が現れ、足が細くなって美脚になることや、ポコンと飛び出していたお腹がペタンコになるといったメリットがあります。

しかしこの脂肪吸引の手術は、手術後の痛みが強いとも言われており、脂肪吸引をするために機械を体内に差し込みますので、この傷が痛むことや脂肪吸引をしている間にも痛みを感じる人もいるなどと言われています。 実際には経験した人でなければわからない部分もありますが、吸引する脂肪の量などをあらかじめ計算した上で間違えないように手術を行っていけば、痛みを感じることはほとんどありません。

また機械を挿入した部分の傷跡が痛んでしまうことに関してはどうしても避けることができませんが、痛み止めのお薬を服用することで緩和することができるでしょう。 これまで海外で当たり前のように滞っていた脂肪機械で突然吸引するわけですから、体が驚いてしまい、多少の痛みを感じるのは仕方がない部分といえます。 ただ前述のとおり吸引をする脂肪の量を間違えてしまったりすると、見た目のバランスが悪くなることなどが考えられますので、事前のカウンセリングでしっかり安心できる状態までドクターと話をするようにしてください。

美容外科で行っている手術の中でも比較的大掛かりなものになっていますので、手術をする日にはどのような服装で出かければ良いのかといった部分についてや、傷跡のケアについてなどもカウンセリングで確認しましょう。